異世界食堂 第2話 メンチカツ/エビフライ の感想

今日は土曜の日。お宝を探して。
廃坑。。。ダンジョン。亜人がでる。

扉が出る。そこに入ると。異世界。
。。。迎え入れられて。 ねこや。


異世界につながる扉。
開店したまじか。日記?

メニュー。。。サービスの水。それはいいもの。アジアにはないもの。
あんいに決まる日替わり定食。メンチカツ。・・・ミンチカツでなく。
七日の一度だけの店。


期待。
出てくるメンチカツ定食。 はずかしい腹の音。

。。。スープとパンで
そして、メンチカツ。 はじめはなにもつけず。。。説明?いいませんよね。
レモンとソースをかけるとさらに。
。。。料理なんとか。

やってくる勇者と賢者

メンチカツサンドをごちになるお嬢さん。ウイリアムさんのおごり扱い。
彼の最後。 聞いている二人。
メンチカツ二世。 見ていない伝説のトレジャーハンターの最後の秘宝



やってくる客。タツゴロウ。剣豪の。。。
面会する。それは本物。
知り合いに頼まれて、わすれものをとどけけに。

。。。三年前の重要任務

モスモンが大量に砦に攻めてきて。
危機を国元に知らせに。密書。。。最初は、馬。でもモスモンの毒で倒れた。
・・・いきさつ、城を目指して。

顕界に。腹が減って。胃の中が空で。
願う男。 目の前に小屋。そして、扉。

開くとそこは食堂。
いつもどおりの店主。メニューを見せる。

。。。不信。店主がいうこと。
ここにあるメニューならなんでもと
シュライブに心が。 エビフライ。

うまい水。氷。


出てくるエビフライ。パンとスープはおかわり自由。
そのまま食べてうまいと。。。感想が心のないに
タルタルシース。うまくて、おかわり。

。。過激する男。
食べて金がないと、感情に剣を渡す。つけはだめと。
必ずここに来ると。
。。。よく聞かずに。その後。

店を探して男。

再び男はエビフライを多部に。迎え入れる店主。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

異世界食堂 第1話 ビーフシチュー/モーニング の感想

食べものは種族を超えて、宝物。盗めないもの。
模倣してもうまくいかない。


ビジネス街。洋食屋。
。。。理屈

夜に店が終わって。。。深夜に異世界への扉。
・・・エベンXの古巣へ繋がるかのな。


店主は、それぞれに食事を。
もめるバカな5名。なにの比喩? 。。。ライスにあうものでもめて。

。。。見苦しい争い。 食べ物を粗末にする行為。
店での乱闘に発展?  店主は警告する。礼儀。
収まって

空から竜王。店に出かけるのにドレス。財宝。その中にねこや

扉の向こう側。 注文。ビーフシチュー
一皿を堪能する。 ライスなし。
。。。おいしそうに食べるところは、隠して

いつもどおりと。。。あれごと買い取って。
ドラゴンに戻って、ちょびちょびなめる。なんか猫?

。。。終わって

朝は早い。
店にいる女の子。向こうの人。
。。。目が合って。あたふた。

自己紹介。アレッタ。。。いきさつ。
人に生まれなかったことに後悔。 腹ぺこで店に入り込んだこと。
。。。夢と錯覚して。
食べてしまうスープ。 どんだけあったのだろう。 人心地ついて寝てしまう。

わけを聞く。魔族。。。人ならならざる部分があるそうな。
・・・えらが張っているとか。耳たぶなくて、とんがっているとか。
王都に来てまとうな仕事を。 角が見られて、魔族に知られて、働けず。
・・・日本ではあまりところがある。恩を施せば。。。返さないのは大陸産のいきもの。

店主はアレッタに朝の賄を。  特製モーニングセット
二人でたべる。  しきたり。
。。。おいしいものには種族の差はない。 

店主は、アレッタに申し出、働いてみないかと。アレッタには申し分のないもの。


あれあれ、ドラゴン

店主は研修を。 まずはみを清潔に。 シャワー。。。異世界には魔法のようなこと。
ウェイトレスの制服。

まずは掃除

見ているドラゴン。財宝にくわったもの。

。。。アレッタはあったことを回想
うとうとと寝てしまう。

見守りに飛ぶドラゴン。アレッタに祝福を与える。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

クロックワーク・プラネット #12 終焉機動(スティール・ウェイト) の感想

アンクルは秋葉原に八束脛を壊しに。

じいさんは鎮座してほくそ笑む。八束脛の中
・・・ダニみたいなそれ。かん流?

ナオトとマリーはご神体を修復。新しい歯車をつくって。
ナオトはアンクルに

アンクルはあれを壊すと決意。

アンクルは破壊を始める。空いた穴から侵入。

ナオトとマリーは修復を。
平山は鎮座。

守備軍はあほ。
・・・時間がつかずく

ナオトは敵の動きを。

アンクルは無理して。。。身体に。

東京の軍。御柱を撃ってしまう。壊れることに。
のぞみが絶たれた? でにそうでもなく。
遅れても、あきらめない2人。

平山源内は勝利を確信する。放送を流す。。。じいさんがいうこと。
マリーがいう。絶望なんてしないと。

平山はYは2人だったかと。貴様らは人間ではない。
撃つが。 減衰して撃てない。

それは装置をアンクルは破壊しているため。 無理が重なるマリー。限界に達する。
壊すことに無理して手を。

八束脛からの攻撃が止まって
ナオトとマリーは作成を。

マリーは限界に達して切れる。することを。
背後から撃つもの。それは、レールガン。

倒れるアンクル。平山は遅れたが、自動的に発射すると。
後悔するアンクル。最後に。 ナオトをことを。
おかあさんへのプレゼント。。。渡せずに。泣いてしまう。
撃つ平山。アンクルに。。。それはよけられて。

リューズがいうこと。妹の面倒をみることが姉の役目。
腕を失う平山。もう無駄だというが。

。。。発射はされず。
リューズはそのわけを。その時間に成し遂げたと。

御柱はよみがえって。桜が咲く。
あっけにとられる星宮とコンラット。

間に合って。マリーはアンクルのことを。
ナオトはアンクルはリューズが助けてくれると。 

ベルモットは敵が来ると逃げることを。ナオトは逃げ道を。
マリーが上昇気流を起こしてなんとかすると。
・・・どういう原理で。

マリーは星宮にいって、去って行く。
マリーの手に時計。

勝てなかったかと平山。リューズには負け犬がした猿芝居と。
平山がいうこと。 なんか権威主義。官僚主義的なこと。


ナオトらは逃亡に成功する。

。。。有明
アンクルはそこで。 ナオトとマリーが来る。 致命傷でないと。治せると。
アンクルは成し遂げられなくて。逆らったのに。謝るアンクル。どうしたらいい?命令欲しいと
・・・なんとか指示待ちゆとり?
ナオトは命令だ。胸をはって頑張ったよ、褒めて欲しいというんだ。
アンクル、がんばった? 褒めて欲しっておもっていいの?

。。。ナオトをとばしてマリーがアンクルに
泣き合う2人。


唐沢はマリーにご注文の品を徒クルーザー
ハルターは身体を。 マリーはケチをつける。

出るクルーザー
。。。逃げ出すナオト一行


。。。南シナ海洋上
・・・海があるそうな。
ニュース。東京での有り様。復旧中

マリーとアンクルの胸にはあのプレゼント
アンクルの応急修理。 ケチつけるマリー。わたしが完全に治すと。ナオトと取り合いに。
ややこしいことに。
リューズがいいうこと。正論をいいだす痛いオートマタ。寝取られはまずいからマリーにと
ナオトはなんてことを。

ナオトは、アンクルにどっちに直して欲しいと。
バカするウタリ。こまるアンクル?
お父さんとお母さんが一緒にいるが一番好き

。。。ハルターが突っ込み。なんて親馬鹿。ダメ親の見本と。


ベルモットは追っ手が来ていると。ナオトはすでにわかっている
艦隊ぶっ飛ばして戦艦を奪おうと。

なあ。お嬢さん。信じる会?運命の歯車って、やつを。
残念ですか。私にはそれを監視する機能はありません。ですが、歯車だけで作られているこの世界。
すべてはなるべくしてそうある。オートマタでわたしはそう思考します。

。。。バカ始めるナオトら。
マリーがいうこと危惧。
ナオトは俺たちがそろえば失敗するわけないだろうと。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

クロックワーク・プラネット #11 天才の理論(セオリー・オブ・Y) の感想

天御柱の奪還に軍が向かう。
空には。。。

マリーらは準備を進める。
ベルモットとハルターは軍の足止めに。

星宮殿下はナオトに聞きたいこと。
なぜ巨大兵器に報復するか。。。もっと効率的なことがあるのではと皇女殿下。
ナオトがいうこと。  信用できないと、ファアなかたと。
リューズは褒める。

ヤツカハギを指揮するもの。ナオトとの会話に。
。。。納得できないと。あの少年を見て。

男は部下を始末して。Yという人間を語る怪物に解決。

軍の猛攻に。

マリーらは準備を。
ナオトはできなことに。 ナオトはヤツカハギの変化に。危険を感じて。

ヤツカハギは砲撃準備
間に合わないとナオト。対比を。

撃ってくるヤツカハギ
。。。主砲が突き抜けて。

ナオトとマリーは。。。?
敵の平山源内が声で伝える。

寸断されたギア。
唐沢から連絡。トールワンダーの攻撃時間の前倒し

やってくるそれ。
でも、ヤツカハギが撃ち、ぶち壊す。なんて兵器、崩れ出すことに。
源内は、ナオトをYと.怪物。

マリーは直せばいいと。どこかおかしいとナオト。ナオトは直すにも壊れたものからは聞けないと。

敵のことをナオトは。次の攻撃。
。。。軍の攻撃は止まらない。
コンラットは京都でのことを。

マリーは、ナオトまかせ。 アンクルはナオトに命令。
自身で考えて動くアンクル。 ナオトはリューズにアンクルを止めることを。
リューズはマリーに伝える。 正しくて間違っている。

ナオトはマリーになんとかすると。
ナオトはマリーがいつもいっていたことを。
2人が持っているもの。ないもの。 才能。

マリーのひどい攻撃ターン。ナオトをたたく。
2人であわせればと。なんでもできるとマリー^。

アンクルはヤツカハギに。リューズは止めに。 アンクルというなが与えられたか
ナオトとマリーを信じることを。

マリー。。。ナオトの感覚はただしいと。
現行の歯車技術の間違いと。

マリーは、ナオトに教えること 頭の中で分解することを。始まる前に見えている。流れ。
分解して遡ること。

ナオトがマリーにはもうできていると。
やったとない改造をあの短時間に。できていると。たぐり寄せる未来。

マリーは納得。ナオトと自分は逆さまであることを。

。。。ナオトは答えから状況をくみ上げる。わたしは、状況から答えを導き出す。
天御柱で、ナオトが聞き取ったことをマリーは教えなさいと。。。。でんぶ憶えて、全部飲み込んで見せるから
いいけど、うまく言葉にできる自信がないぞ。
今からいうことをよく聞いて忘れてくれ。
憶えなくてもいいが忘れるな。すべてを聞いて、なにも聞くな。考えないで考えろ。
すべて正しいし、すべて間違っている。矛盾は正論だし、右は左だ。
なにもないし、すべてある。
知らないけど、知っている。知っているけど、知らない。
憶えていない。憶えている。
いくぞ。

まって!

。。。流れ込む。状況。
・・・粒子コンピュータ?
マリーは苦しむ。奔流に溺れて。

最後に一つ、一個でも歯車が欠ければ動かないのが時計仕掛けなら。
どうしてこの星は今も動いている。

・・・世界の有り様を見せた?実はすべては設定。作られた世界。

。。。マリーは戻って
よし、起きたな。憶えたな。
なにを。
よっし。OK。憶えてるな。
は!? 待ってよ。なにを言われたかなんて、ぜんぜん。
憶えてる。マリー。いったよね。

。。。ベルモットがあきれたといったこと。世界中の設計図を憶えていると

ご存じないなら、教えてやるけど。それ不可能だから。おまえじゅなけなあ。
ああ。
大丈夫だ。信じろ。


。。。ナオトとマリーで仕事を始まる。

ここではすべて正しい。すべて間違っている。
矛盾は正論だし。右は左だ。なにもないし、すべてある。

。。。ナオトは無から作り出す。

ああ。

。。。マリーに同じ事を。原始が歯車。

新しい歯車が
生まれてきた?

ほらな。俺にできて。マリーにできないことはないだろう。
当然でしょう。わたしは不可能を可能にする天才で、いつかあんたをぎったぎたにひねり潰す女よ。

。。。ナオトは、マリーに指示。
マリーはナオトに集中を

あなた方は
一体どこまでいくつもりなのでしょうなあ。


。。。アンクルはリューズに時間だよと、ぬいぐるみを渡して保管を。
リューズは預かって。 アンクルはいくことを。
リューズはアンクルに必ず戻ってくることを。

。。。アンクルは、攻撃態勢に。
スティールウェイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

クロックワーク・プラネット #10 自動人形を繋ぐもの(プログレッサー) の感想

。。。細部ではコミックとはは異なるようで。


御柱への攻め込むリューズとアンクル
あっけなく終わる。

ベルモットは観察。ナオトの指示。
それは。。。

ベルモットは交換をと。オートマタをのっとり。

。。。作戦
ナオトがすることを。
ハルターの過去が。 オートマタとの接続の実績

ハルターとの接続するオートマタの決定をマリーは。

ベルモットは仕事をやり遂げる。玄武を手に入れ。人工知能だけ排除。
マリーの仕事と。 
ベルモットは教える。戦場の匂いで気が付くぞと。
ナオトは指示。 的がやってくると。

マリーはハルターのシェルを玄武に組み込む。とんでもなく早い手さばき。

ベルモットは驚き。ナオトは天才と
絶賛するアンクル。 毒舌のリューズ。
マリーは理解。 時間が加速。。危機をハルターに

目覚めるハルター。戻ったことをマリーは泣いて
ハルターは愚痴る。今まで寐ていたと。
マリーははっ・・・後でXXしてやろうとはなっていない?

ハルターは一気にやてのける。御柱の守備を倒す。

ナオトは宣言する。けなして、犯行声明。
殿下のお言葉。

。。。それぞれの動き。
ヤツカハギを動かすものは・・・・


コンラッドから唐沢からの連絡・トールワンダーの使用

ナオトは、リューズとアンクルとで。いいかんじに。

ヤツカハギを止めにマリーの指示。 星宮蓬子はマリーに。。。友達だった。
マリーがすることを明かす。秋葉原を釜ゆで。 ナオトの思いつき。

ナオトはバカをしている。あきれる星宮

。。。ナオトは音だけで天御柱を
星宮は、ナオトにの危機感を。 リューズとアンクルは察知。

マリーはナオトに対抗意識。負けたくないと。
アンクルがマリーの方に。 ナオトとリューズは2人で大事な話
アンクルはぼっち。マリーが


ナオトはリューズに。。。顔をあわせないことに疑問。
会わせる顔がないとリューズ、謝罪と罰。
ナオトは目をつぶってと、指をはめる。
リューズは驚き。 いうことは毒舌。。。内心は違う。

。。。リューズの言葉は従者とは違う誓いの言葉。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

hastrl

Author:hastrl
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード