K 第13幕 King の感想

最終回。王が死ぬ。。。。続編のことも?

宗像と周防の戦い。どっちかが倒されるまで。でも、助けたい宗像。

八田と伏見の戦い?八田の異常、宗像のこと。
。。。回想する過去。邂逅の時。赤の王にひかれる二人。
想いのうちを。 夜刀神が介入。

二人は連れて行かれる。敵味方関係なく。


伊佐那と夜刀神で菊理を助けにいく。夜刀神の動き次第と。
もどもとの性格の伊佐那。
義を正す夜刀神。夜刀神、王に尽くすことを誓うと。
そんなことは必要ないと伊佐那。 友達になるためには。


。。。無色の王、赤と青の王の様子をうかがって、取り込む算段。
7つの力を手入れるつもり。人格がころころ入れ替わる。無理がたたる。

伊佐那、声をかける。忠告。
言っていることとやることがことなる。他の体に乗り移ろうと
できないことを教えられて、逃げるが、夜刀神に足止め。
剣を抜いて、成敗? 始末使用とする。菊理の人格。他の人が。いろいろ。
しろ君助けて。
。。。夜刀神、刀を。 伊佐那、止めに。
にやと飛び出す無色の王。狐。 
・・・がっかいかな?おかしな団体だからな。狐憑き
               

これで、今度は逃がすかよと。
。。。伊佐那の計算。
僕をしろ君って呼んでいたことなんて、菊理が覚えてなかったこと。


体内、無色の王、伊佐那に捕まって。抵抗する無色の王。いろいろな人格。
人格崩壊。
伊佐那、無色の王を自分の中に封印する。

いちかばちかがうまくいったと。夜刀神がもんく。
お節介は後で聞くからと、王同士の戦いに行くと。
ただではすまないと夜刀神

王以外はここからは足手まといと伊佐那。
夜刀神、言うことを聞いて。

。。。伊佐那の中のあれ、抵抗?そんなに長くは押さえつけられない。
くさっても無色の王。

伊佐那、中尉に。。。研究のこと。みんなのことと思ったけど、寂しいこと。
さびしい王。
青と赤の王が肩をならべてあるけないのかなと伊佐那。


。。。学生達避難。雪染さんのこと。
大丈夫なきになってくる。誰か知らないけど、助けてくれた。

赤の連中、避難終わって。出雲、美咲にもんく、わめくなと。

伏見も戻って。
あぶないけど、なんとか室長がするだろうと淡島。器のでかい人間。
王のことをいう伏見。


周防と宗像。。。間に伊佐那、わりこんで。自分を殺させる。
王を殺させるために。
手を出す周防。胸を打ち抜かれる伊佐那。 大爆発。


。。。意識が戻る菊理。クロとわがはいちゃん。。。それと誰かわからない。
いいんだと夜刀神。


菊理、ダモクレスの剣が消えるのを見る

使い切った周防。その力もぼろぼろ。
宗像? 

声をかける周防、宗像に。貧乏くじひかせてしまって。
文句いう宗像。
砕ける前に、周防に印籠を宗像。止まる爆発。
そのまま周防、宗像になにかをいって。


死んだのを知るアンナ。周防の声を聞く。

。。。赤の王の???消滅。戻ってくる宗像。


ネコと夜刀神、しろを探しに。傘だけ。傘を抱え込むネコ。
事実を言う夜刀神。しろは王様だもんとだだをこねる。
そうだな。しろは俺たちの王様だ。


。。。雪降る中、赤のものたち。さけびを。

伏見にも
。。。そのすきに逃げるネコと黒犬。化けている。

赤の力は離れて、空に戻る。
アンナ。。。きれいな赤。
出雲の尊への想い。

・・・で、おわり?
なんとかの剣も三本消滅いたかどうかも不明。どうせ次に受け継がれるからいいって
いうもの?
スポンサーサイト

テーマ : K
ジャンル : アニメ・コミック

K 第12幕 Adolf-K-Weismann の感想

飛行船、ひとりぼっち。ヴァイスマン。

そして、今、伊佐那でヴァイスマン。

見ている剣、八田と伏見のやりあい。あほが諍い、

宗像と尊、相手。なにやら、戦い。。。無色の王のいいように進む?
。。。ゲーム


いきさつ、白銀の王と無色の王。
無色の王、白銀の王の力を奪うことを、失敗する。やっぱさこ?
体が入れ替わる。そのいきさつ、体が奪われる。意識や魂は奪われなかった。、
不変、いかなる外敵さえも受け付けない。不可侵の力を持つ。
無色、王に干渉する力。

白銀と無色でぶつかった結果、体を奪われた白銀の王。無色の王は白銀の王の力を
取り逃がしたと。置き場をうしなった僕の魂は、彼が乗り捨てた体にはいった。・
。。。そのショックで記憶消失。

十束多々良を殺したのは、無色の王。

いつもの体を渡り歩いたと、菊理にも。
彼女を助けるために力を貸してくれとネコと夜刀神狗朗。


戦っていう2つのクラン。
淡島、消耗戦を。

。。。剣が二本。青と赤。激突。
赤の方が壊れかかって。


淡島に接触する伊佐那。飛んでいる。説得、お話。力を使う伊佐那。
ネコが威嚇。淡島に力を与える。シンクロ。。。。能力の分け与え。
次に移動する三人。


八田と伏見、それぞれのつぶし合い。
夜刀神狗朗が、止めに。あっけない雑魚。
命をいう夜刀神狗朗。白銀の王の言葉。聞く耳持たない二勢力。
諭す夜刀神狗朗。決着をつけていること、状況の変化、次なる命のまち。
いうことをきかない伏見と八田。 お手合わせの夜刀神狗朗。


出雲。。。アンナ、王が来ると。窓をあけて。
とんでもない登場の三人。おかしな関係。あきれる出雲。火を。アンナ、止める。敵じゃないと。
相談があると伊佐那。
電話。。。伊佐那のあてに。携帯。

黄金の王が電話、男に替われと。白銀の王に。


青と赤の王の戦い。壮絶。超人の戦い。
ぼろぼろのダモクレスの剣?
まだまだだと。待ったなし。

見ている無色の王。静かなことに。


相談?まだ、ヴァイスマン、中尉に苦労かけたと。きびしい黄金の王。
過去と同じ中尉。
かたの付け方。
ヴァイスマンのしかた。理解している中尉。また会えないことに。


二人、提案通りに生徒達の脱出経路の確保。両クランのものが誘導。
生徒にまじって逃げること。でも、無色の王の狙いは王。赤と青の王を引き寄せた。
生徒達を逃がすこと。危険なのは無色の王だけでない。

。。。アンナ、来る。。。。無色の王の精神攻撃。とんでもないやりかた。
あっき?生徒達をおどかす。

伊佐那、ネコの力を求める。クランズマン、一度も持ったことがないと
最初の仲間になってくれるかいと。うれしいネコ。もうすでにそうだと。
伊佐那、皆の前に出で安心させる。幻影。
覚えのない学生達。でも、どこかであったことがある。名前がでない。
出ることを進める。誰も傷つけさせない。
みんなは、僕のことをしらないけど、僕は知っている。みんな、僕の大切な友達だ。
。。。誘導すること。信用させる。


気にくわない無色の王。ヴァイスマンと、
見つけたと伊佐那。他の人間に手を出すな決着をつけよう。
ネコの能力を使って、大きな力。無理がたたって疲れるネコ。白銀の王。
生徒達の無事な誘導。。。アンナ、ネコに席を譲る。


出雲と淡島に礼をしてネコを任せて、無色の王を押さえに。
淡島、どうか。。。約束はできないけど最善は尽くすと白銀の王。
。。。そして、幸福をと


気にくわない無色の王。いろいろ混じっている。
赤と青の王の二人を手に入れるつもり。
いっぱいは混じっている人格。4人?
笑って、歩いて行く。もたれて。。。。菊理の精神がでて、助けを求める。
・・・吸収する複数の魂、能力?不死みたいなもの。ハヤテとはまた違う?

テーマ : K
ジャンル : アニメ・コミック

K 第11幕 Killer の感想

。。。王殺しのイベント?
記憶を取り戻す伊佐那。 白銀の王。死んだのは、影武者?それともコピー。


学園島、中で仕掛けられる爆弾。

。。。朝、八田が報告。マスターが指揮。
尊とアンナ。 夜に宗像と話したこと。危ない尊の剣のこと。限界まじか。
カオスクレーターの二の舞。

尊、なにかいいたげに。去って行く。アンナの手が届かない。


学園島への道。宗像考え事。
突入のこと。。。安全方法がないと。

学園島ないで爆発。。。赤の王の精にされる。
宗像、突入の準備をさせる。


警戒の音。がやがや。

ついにと。対決。
。。。警告しに来る淡島。
戦争だとわきだつ八田。


宗像、淡島に。。。指揮を任せると。
。。。ああ、抜刀させることに。

正面衝突。おかしなかんじ。
。。。何故か爆発も。 異変に淡島。
宗像、調べに。


。。。あぶない学生を見て、助けに宗像。
バリヤ。 学生が、青の王を刺す。つきもの。

淡島の不安。


。。。どっちもわからないこと。
怖がるアンナ。

マスタ-、八田に 目の前ではなくて全体を見て。
。。。アンナには見える未来も惨事。 外を見る。
そして、よく見える場所。

見つけた。

。。。撃ってくる相手。アンナ倒れて。
マスターが安否を。そして、相手の存在を。

起こっていることがわからない。


。。。見ているだけの菊理。爆破される教室。
飛んでくる男。菊理の目に。

夜刀神が助ける? 。。。なんかぶらんく

伊佐那がかけつけて、はじめまして。助けに来たと味方と。
非難をすすめる。

尊を、伊佐那を見つけたと。。。ネコ、いかく。・・・ネコだけに。


。。。赤と青で、誤解。
それぞれの指揮の違い。

淡島と矢田の対戦。。。伏見が因縁の決着。


尊、伊佐那の前に。夜刀神が盾に。
圧倒的な尊の炎。夜刀神をいなす。
ネコの幻術。 見すかされる。 すぐに無効化。
夜刀神にいけと伊佐那逃がされる。 

なるほどと尊。それぞれの力量。
尊は伊佐那のほうに用があると。 ものすごい火力。
。。。宗像が無効化させる。
??? 

。。。宗像、一味の一人を抱えて。
二人の見る

そこに集う伊佐那。

状況は把握しました。
だったら、話は早いみていろ。

赤と青でやり合う。

。。。逃げた伊佐那。
二人の様子見。

菊理、ガラスの破片。
不安なネコ。逃げようと。遠くにと。
菊理、伊佐那に。ケガのこと。誘い込む、顔が一変する菊理。伊佐那を刺す。
???? ガラスを。

夜刀神が菊理を止める。

まさかと思っていたが。だが、今度こそ、何か亜空間。菊理の目から出る狐。

。。。あの爆破時に、見ている菊理の目の前の青年。  狙撃手。 そして、宗像を刺した学生。
。。。学園で尊に電話。 ヴァイスマン?
   伊佐那

なにも覚えてない。何も知らないものにすべての責任を。
そもそも貴様は一度負けてた。
。。。バカにされる。

眠れ。全てを忘れたまま。身を任せ。。。頭をかかえる伊佐那。

。。。思い出すことに。戦前。
ネコ、しろに声をかける。
逃げ出す狐・・・半島人?

伊佐那に駆けつけるみんな。
逃げる菊理。

いい。貴様はあとまわりだ。
。。。菊理の目からあやつるものの存在。目を合わせない夜刀神。


。。。思い出す伊佐那。過去、あの1945
おわりさ。ここでさよならだよ。中尉。
逃げるか!ヴァイスマン。

。。。出てくる紋章
立ち上がる伊佐那。頭上に出る


青と赤の王は対戦。。。。ひかない。
尊はしなくないけど。楽しくなってしまうと。
。。。向こうにみえる銀。


皆がその柱に。銀の光。

こんどはなにが起きてくれるんだ。
あ?誰とアンナ。


出てくるダモクレスの剣。


。。。第1王権者
つくづく、人を驚かせるのが好きな男だ。


今のはと夜刀神、それよりも傷は。

。。。伊佐那、ドイツ語。大丈夫。わかたと。
夜刀神は、無色の王?
伊佐那、本当の名前をヴァイスマン。第1王権者。白銀の王。

・・・じゃあ。無色の王は、狐使いのほう?

テーマ : K
ジャンル : アニメ・コミック

K 第10幕 Kaleidoscope の感想

学園にダモレクスの剣。赤の王が制圧に。
おおさわぎの学園。逃げ惑う。
尊、脅迫めいたことを。 交渉事はマスター。。。説得、関西弁。協力をお願いする。
ビデオの少年を探し出すこと。 尊は違うことを。
それぞれがやること。


生徒にしらせる占拠のほう。協力すれば、手を出さないと。人捜し。
見つかれば、失礼すると。 尋問。
。。。会長、文句。 生徒の身の安全。


生徒のチェック続いて。八田から連絡。青の王。ゲートの保持。
アンナにはいることがわかると。


ゲートに青のもの。手を出せない。王の命がないかぎり
。。。隙をみて、ネコが二人を通す。


淡島、宗像に謝罪。おもしろがる宗像。赤の王、十束殺害者。相手が王ならと、
第七王権者。ジョーカー。面倒な相手と青の王。
危険な現状の学園。無色の王をわからないので、赤の王を押さえること。

宗像、我が儘をいう。


尊。。。雪か。


アンナ、尊の側に。猫扱い?雪が積もっていたからと、気になると。
雪が火で溶ける。尊の赤。。。なつくアンナ。


淡島にマスターのおさそい。尊と宗像の会談?
イヌのような八田ガラス。 島の中の様子。誰も外にはださず。
八田を認めるマスター。アホの八田。
八田に見張り。おめこぼしのこと、


伏見、八田との過去。わかつ関係。赤から青に。
くだらないからと、裏切る伏見。まるで任侠の赤。。。いまどきはない。

いらだつ伏見。


尊とアンナ。そこにマスター。
待っているあいつ。 十束。
マスター、尊の変化。
アンナをつれて。尊の野暮用に、一人にする。お客さん。
マスター、尊のことを最高の王やと。


尊、宗像と。一緒にたばこ。
交渉をする宗像、学校を穏便に引き渡せと。なにもなかったことに。最終通告。
十束を殺した相手をこっちがすると、宗像。
尊の剣のこと、限界。王殺しをすると最悪の暴走の可能性。

宗像、尊にいらつく。関係ない一般人と尊の仲間がまきぞいに。
俺は、俺の落とし前を。お前はお前の仕事をしろ。それだけのことだと尊。
野蛮人め。理解の範囲外だ。
説得できると。柄にもないことを。
別に俺は友人に会いに来ただけだ。・・・そういう関係。

。。。交渉決裂


伊佐那、家に帰ると。壁が吹き飛んでいる。
とんでもない家。
学園島が赤の王に占拠されて戻ってきて、この有様。
まわりは青の王のものに囲まれて。

学園はクラン同士の戦場に。

ネコの主張。自分の家のこと。
次に何をするべきか。。。いちげんさんに聞いてみると。なにかアドバイスあるかもと伊佐那。
夜刀神、聞くまでもなく次に何をするべきか決まっている。
菊理達を助け出す。わかりきっていることだ。お言葉にすがるまでもないだろうと。
納得の伊佐那。菊理達の居場所の把握。
家を出る伊佐那達。 残念がるネコ。

。。。って、その相手は伊佐那のことを忘れているんですがね。

テーマ : K
ジャンル : アニメ・コミック

K 第9幕 Knell の感想

。。。はじまり、現在。
そして、王のこと。赤の王をさそいだすなにものか。


1945年。 ドイツ。地下で実験。ネズミで行う。モルモット。
男が行う。石板。でてくる剣。ネズミと反応するそれ、
はやく迷路を抜けるネズミたち。
人間にやればもっと凄いことに。
超人の軍団が?
違うよと中尉、みんなが幸せに。


男と姉。なにかあったのと。
めざましい成果と。中尉は戦争のことばっか。
見せつける姉弟の関係。なにやら堅い中尉。堅物。


空爆。だめになるドイツ。中尉、見に来るが、ひどい有様。
とある場所にダモクルスの剣。 その下に中尉。男が姉を。泣いている。
戦争での被害


運ばれる石板。なにもかみんな流れて。おわりさと男。
中尉、男に聞く。 ここでさよならだよと。
逃げるのか!ヴァイスマン。
。。。過去の白銀の王と黄金の王?



落ちた飛行船。警視庁所属ヘリの接触。
みなに取材。あやしげなもの。 
警察の管理。
青のもの見に来るが。怪しげな者達が遺体を持ち出す。

うさぎがと。
さすが手回しが早い。

ヘリのほう、誰もいず死亡者なし。7番機の乗船者のっていなく覚えなく。
ネコの記憶改ざんの波。。


学園。学園の祭の準備。
いつものどおり。おおいそがし。あいつ? 誰だっけ。 覚えてない。
仁科と菊理。
後に三人と。衣装置き場に開いている寮の部屋。
なにかを思い出しかける菊理。
寮の部屋、生活感がある部屋。空き部屋だったのに。 ほら、あいつと。
でも、名前が出てこない。
あれ? 。。。お釜。

。。。記憶が操作されて、でもその残りで


黄金の王に会いに行く宗像。
白銀の王の亡骸のこと。
なにか不思議な空間。対峙する二人。 石板に???された王。
なにか合い言葉?
御前に話。白銀の王。ヴァイスマン、属性不変。 不死の王。
遺体の見聞のゆるし。


なにかとんでもない建物から出てくる宗像。健在な黄金の王。
異常事態は進行中と宗像。


尊に、獄中におもちゃの電話。線なし鳴っている。
自分で話す男。探している男。十束をやったおはおいらと。 
。。。伊佐那がいた部屋
狐がでてくる。
化かす。 尊を怒らせるために。
狐、赤の王のなにかお吸う。でも、許さない尊。
逃げる使い魔を追って。炎が、逆探知。
生徒会室? 大爆発?

。。。とんでくる狐面


尊、獄をでる。

アンナが知る尊のこと。


尊、外に出て。
伏見、尊には手出しするなと青の王の指示。
淡島、警告。外出は許可されてない。
とまれといっても、効かない尊には。
炎で蹴散らす尊。第三王権者。
伏見が淡島を守も、ほっといて、出て行く尊。


門の外には尊の仲間が待っている。
アンナが側によって。
尊の目星。学園島と。
そうだと思ったと。 わきあがるみんな。
。。。学園島に殴り込み。

アンナ、予見する尊も未来。
それでも行くの。

テーマ : K
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

hastrl

Author:hastrl
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード