霊剣山 叡智への資格 第4話 法壇 の感想

王陸は七星門の関わりから村の開放。。。かんたんにいかないことと。なんとか教みたいに、
で、王陸は新教を作ることに。

仙人として王陸。 教祖。
法壇を作ることを。  指図して消える。。。トリック。
村人を信じさせて。 


。。。玲と王陸
聞宝が細工。


宴。。。村人は話。
法壇のことを話。。。いいかんじ


玲は陸に法壇のことを。 。。。復讐する陸。
?と陸

陸は準備のための物の手配を 2人に。  お金は、レイセキで。
すぐにかわる2人」

王陸は人使いが・・・


村に戻る。1人ふえて。
玲はレンガ造りを村人にお願い。


王陸は準備。霊気の流れ、
。。。村長の家が邪魔なことを。


陸は鍛錬。

。。。周りの準備

なんども頑張る陸。みている落ちこぼれおっさん。


夜。玲は王陸の元に差し入れ。
。。。おっさんがいうこと。

零は王陸のところに。   。。修業のこと。 玲は十分の寿命に。つきあってくれる存在。
法壇の難しさをかたる陸。
幼馴染みのこと。

法壇作り
村長には家の立ち退き。壊し。。。拒否する村長。 陸の父が助け船
もっともらしいことを。

陸は術を。なんてこと。
聞宝は見て、差を。 おっさんはフォローする。

。。。雨


法壇作り。
。。。うまくいかない?
そうでなくて。見せる法壇作り。 期待する澪

見せる技。集まる霊気。
流れ込んで。
王陸は流に邪魔。それゆえの村長の家の栄え?
失敗? 暴走する?  やってくる彗星の欠片

成功したそうな
・・・・GANTZのあれみたいな。

教祖は名付ける。なんか変な名前
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

霊剣山 叡智への資格 第3話 新教設立 の感想

王陸のこれあmでのあらすじ。七星門の連絡役を探して。
玲は貧乳で叩きだされる。・・・需要なし

相手への奇襲を陸は考える。
思いつき。  
。。。戻ってくるのは。女性? 
王陸が化ける。玲は点に。 作る旨。肋骨を変形。


王陸は潜り込むことを。
たぶらかし。玲はごねる。

中に入って、いいかんじに。 貧乳の影響。
お楽しみ。 捕り物に。

。。。負ける陸
ばれてしまう。 男でもいいかと。
危ないことに。 両刀遣い。

走ってくる玲。2人ともぶって。

。。。捕まる2人。
王陸は正体を明かす。負けを認める。格の違いを理解。
王陸は任務を済ますことを。 男は簡単にはいけないと。信用されないと。
目を覚ますことを。

七星門に下ったことを。語るそのわけ。限界をしって、不安に。
話を聞いて、うまみを王陸。 王陸は計算。。。方策に。
賢くやることに。 


智力税をとって。愚民の管理。 なんかいうことが陸。
うまく玲を取り込む。 あれあれ。
聞宝はバカで理解できない。

中に入れて。決める名前


。。。あの村
村のものは集まって、不安。
人のせいにするおかしな連中。 。。。とうでん? ふくしま。

仙人が来て、忠告を視に。教主に言われたとおりと
すぐになびく村人ら。
七星門は邪教と。。。祓う

七星門のことを落として、自分らの方に。・・・おいおい。詐欺だね。愚民だけに納得する。

村の調査に仙人。
死臭。 怨念があつまった場所。
浄化することを。 見世物。 。。。なにか出てくる。イリュージョン。 立体映像。

いいところで出てくる玲。仙女として。
。。。偉そうに。

さらに出てくる教主。
・・・うまいことして。 聞宝はいない。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

霊剣山 叡智への資格 第2話 戦いの始まり の感想

仙人のことを語る。そこまでの方法。
王陸の場合。。。
七星門と戦う道を選ぶそうな。えせ仙道をする連中と。。。擬態する連中だね、


王陸は村を出て、仲間を探しに。玲と再会。
事情を話して。。。笑われる。 陸は目的を。
聞宝と再会。 人手扱い。

。。。話。正論。
求められる人材。 事情を聞いて、いやがる聞宝。

修練の段階。 
。。。玲をあてにする陸。 土下座する?


陸は幼馴染みに問う。家元の居場所。
辿る行方。 山の中に連絡係。

王陸が見せる、霊気の呼び込み。
王陸は連絡係を拘束して、尋問。


。。。村のことを話す陸と玲
聞宝もかかわって。


家元がいる街へ。
聞宝が情報集めにぱしり。中に入って相手と面会。
中は聞宝には刺激が強すぎた。

で、聞宝は王陸に知らせる。その有り様。
王陸は状況から判断する。 玲には・・・
王陸は理解する。伝令の居場所。

王陸は繰り込む女。玲。・・・問題外


玲に花を持たせるともりの陸。
いいかんじに進むが。  なにやら。。。。
陸におだてられて。

エロい服をきせされて。玲は男の元へ。
這ってくることを。胸がみえるように。 げす。

。。。?
近づいて、立ち上がって。 検分。
で、再度見て。 真正面。 。。。平原

陸らは。。。身体の成熟度。
戻ってくる玲。 零に愚痴る。 胸無し。。。。貧乳差別。 

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

霊剣山 叡智への資格 第1話 帰郷 の感想

二年後、山を下りて、新たな修業。
俗世にまみれた世界に。詐欺をやる連中との対決。 現在で言うとかん人とかな。

王陸は自分の村に戻る。
。。。村の変化。
変わった住民達。 子供は変化なし。 王陸は凜々しくなって。
女性から忠告を受けて

街に入るとよそよそしい。あやしい。
村長のところに。歓迎されないこと。 王陸にはおかしいと。
村長は仙人がいると。 事情を聞くことに。。。。詐欺の言いぐさ。

王陸の父は拒んで。強制を受ける。いうことがあやしい。
村のものはがやがや。
そこに陸が来て。 七星門のもんがいうことは、バカでした。 
王陸は矛盾することを教える。 相手は現実を。 
金での対価。
言い合いになる。陸は論破するが。。。相手は殺しに。
天罰。。。王陸にはつまないもの。
王陸を魔物扱い。 王陸は実力行使に。。。間に入る幼馴染み
。。。説得する幼馴染み。
王陸は暴露する。七星門のこと。・・・嘘をつく幼馴染み。いいようにいう。詐欺師。
王陸は手を。。。。止める父。

陸は家に帰って。歓迎する家族。
手紙が届いてないこと。七星門のものが止めて。なんか共×党みたい。

村のものが弾劾にくる。追い出しに。
仙人様のために。
王陸には村人はたいしたことなく。
七星門のものと戦う。あっけない擬態する連中。偽りの仙人。

見せしめに馬を殺す男。
王陸に攻撃。毒を吸い込む王陸。毒には耐候性がある。
。。。王陸は伝言を。

七星門のものは、相談する。撤退するかどうか


王陸は彗星の後を。
魔物扱いされる王陸。父と話し。。。村の浄化。 。。。かん人の排除?

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

うどんの国の金色毛鞠 第12話 かけうどん の感想

祭り、花火で、ポコの正体が
宗太が想うところ。 いつかばれること。
。。なんかパクなにがしもばれてすっきり? なにかが化けているかも。

去るポコ。止めに宗太。。。こけて。傷が。
戻るポコ。
宗太の願い。 もう家族。

ポコが見せる宗太の家の過去。
。。。坊さんがいったこと。


宗太と狸の出会い。
事故に遭うまでのいきさつ。 怪我する宗太。あの怪我はたぬきを助けて
。。。たぬきの恩返し。 どこかのなんとか族には恩は返す気なし

お坊さんは過去を。異形の物。
見守ることを。

ポコは宗太にいろんなものを見せる。
事故後のこと。どんだけ見せる回想。 弟おもいの姉。

宗太は父にやりたいことを。 父の思うところ。
。。。すれ違う関係。
宗太は過去を後悔。
ポコは宗太のことをおもっていた父のことを見せる。 宗太を認めて。
宗太の後悔。

宗太は父と話を。。。幻影。想いとふれあう。ポコは宗太にノートを。 父が宗太のために

。。。宗太は生まれて、成長する回想
・・・ノートに父が込めたもの。

ポコは宗太に伝えたいこと。
ずっと一緒に。でも、ポコはたぬきに戻る。本来の居場所に?

ポコは宗太に。。。 こころの中にずっと一緒。

。。。元の花火大会の会場



宗太は坊さんに会いに。待っていた僧侶。
ポコのことで。化けるには大変な力が。会いたくて伝えたかったこと。家族。

宗太は家族のことに。 決心して香川に残ることを
。。。仕事のことを決めて

宗太は舞らと会って。 のぞみらと約束。 ポコと遊べること。


宗太は家で、姉の料理を。
お祭りの時の写真。永妻宏司からの。 ポコの写真。
宗太はポコとの写真を。


ノートをもとにうどんを作る宗太。過去を。


家族写真
。。。となりのばあさん、たぬきを懲らしめに。探して。

宗太は畑にポコがいる気配。鳴き声。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

hastrl

Author:hastrl
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード