霊剣山 叡智への資格 第8話 血雲峡 の感想

とある街。
。。。遊郭。
逃げる女。


朱秦と王忠。 地方にまわって、変えようと。
女の生家を探して。 血雲峡

。。。朱秦は探りを。
政府の仕事というこがばればれ。 金を忍ばして、情報を。

男達が接触。県令が話をしたいと。
警告する県令。 いいわけする県令。

嘆願した女の子とを朱秦。 きれい事を。


県令からの手紙。
。。。血雲峡の場所を。

地図に撮ることに。

女の生家に。家族は殺されて。
朱秦は村民に。。。紀子取り。

出てくる男。

朱秦は起きていることに。治外法権みたいなことをいう。
村のためと。

村の掟。
朱秦はいうこという。 自分は皇太子と。
それは力を持たない。 後ろ盾がないとだめみたいに。
修士が相手に。 10人。

朱秦と王忠はあっけなく捕まって、閉じ込められる。
そこには死体が。


声が聞こえる。。。。誰?

夜の宴。
あの2人を余興に。奴隷として教育、それとも始末。

力に屈しない朱秦。 屈する王忠。付き人だっただけに。
。。。やはり生き様が出る。

王忠に朱秦をやれと。
自由意志という操り。

やらないと。。。結末は

下る朱秦。。。遅かって


騒ぎ。 乱入する女。 文句いう。 
うさんくさい連中を火刑に。 あっけなく負ける連中。所詮はできそこない。。。。かん人か?劣化なんとか人。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

霊剣山 叡智への資格 第7話 決着 の感想

七星門の家元は知教と一線を

そこのときに来ている海雲帆。
聞宝は再会して。

家元は陸と。。。相対。
力の差。 実力差。

大和田ばかり。。。。忙しい家元。
陸は押されて。

逃げる陸。捕まって。虫の息。。。。何均

陸は会話。


。。。他では、最悪のことに、
玲はいない。 陸のもと。  海雲帆も陸の処へ

陸はたたかれて。
行ったことを話す陸。 
成長した村人。

力量差でもやってのける陸。
海雲帆が助けに。

相手に。。。。法力はすごい。
でも返り討ち。

家元と陸。
やめない戦い。
。。。対話

本質を話す陸。村人がしていることに。
みずからしていること。 。。。陸がいうこと。

起こり出す家元。。。でも玲には勝てない。忠告。。。最強伝説

決着がついて。
理想を話す。

陸は村人に質問。。。陸は理想と。
陸は誘う。 時間をと家元。 それはと。

海雲帆。。。


それから、七星門が陸のところに下る。
大きくなるとやっかいごと。争い。

信徒が多くなる。荷も無視できないことに

陸は聞宝に役目。
海雲帆は王陸に質問。 。。。玲は王陸のことを。

陸は聞宝に期待。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

霊剣山 叡智への資格 第6話 乾元燃血功 の感想

続きを読む

テーマ : 実は私は
ジャンル : アニメ・コミック

霊剣山 叡智への資格 第5話 仙人への道 の感想

仙人への険しい道。事実と、嘘をいれまじって。詐欺の常套手段。
大陸的ないいかただね。まかり通ればいいとな。

王陸は村を邪教から離れさせるために新教を。
。。。詐欺教団から別離のため。

村人らは仙縁を。。。できないことを。

教主は対応。説法。

七星門のものは、うらぎった長老。
確かめに弟が調べに。 一緒にいく王陸の幼馴染み

。。。過去を幼馴染み
長老の過去。
・・・詐欺組織ではそれなりになにか。


王陸が説法を。。。大きく出る話。
仙人への道の険しさ。 落ち込ませて。 。。。王陸は先駆者になることへの努力
王陸は大きく出る。志。
仙人になるものがなぜ修業したか。 誇りをもってしたことと。

王陸に玲。。。これからのこと。智力税を取ると


自分から動く村人。
仙人へなるためにすること。 。。。資金は心配なく。
村人には労働力で祓わせて、。
。。王陸は誰かが来ることを


七星門が邪教と、王陸が。
。。。まずいと詐欺組織。 かん人ら。

玲は陸がしたことを。

謝持は、何均に手紙を。 ごまかす何均。
水車小屋での修業。 そんなかんじでないね。。。水車小屋の音でごまかす。 


何均は謝持に再会。戦う事に。
どっつが勝つかで。

何均は押されて
。。。好敵手。

・・・で、漁夫の利
零がばしっと。。。王陸が駒にするために仕組んだこと


王陸が謝持を脅迫。
。。。よくも欺す。

テーマ : 実は私は
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

hastrl

Author:hastrl
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード