霊剣山 叡智への資格 第12話 新たなる旅立ち の感想

王陸の試練。門心剣。
。。。王陸の主張。 青年のXX?  こっちは嘘でないね。 あっちのXX族は嘘だけど。

ことおわって。
劉顕は合格だけど。。。規定をやぶったものは。
王陸がいうこと。 長老らは罰を。
王陸がなしていること。  夢飛花がもってくるもの。。。。王陸は賄賂でうまくいかせる。
・・・えっとちゅうごくだね。ちょうせんだね。
王陸が図ったこと。

長老らの半判断。
王陸から聞く有り様。 あまいかんじ。
智教をつくったわけを王陸。 

王陸は後を託して、王陸の計画者。共産主義?
もしもの時の行動。


王陸は霊剣山に戻ることを。
それぞれは行動。


王陸は両親のもとへ。穏やかになった村。。。邪教とはちがいかんじ。SXIとは違うね。
。。。玲と聞宝は一緒に


王陸は親と。父が話すこと。。。
赤ん坊の声。 弟ということ・

外では祭り。王陸は村の変化に。
王陸の立場。

聞宝は報告書を。

。。。それぞれは報告書を。

天然の瑠璃仙

。。。寒くなって雪

智教を引き継いだものたち。


王陸は実の家で。。。
出る時に。 送り出す両親。
王陸は別れを。もうあるかどうかで。

王陸はこれからの先。修業の道。
。。。回想。 王陸の成長。

俗世への未練を。


長老らは、王陸を評価 。
人民への施し。 理想を与えること。。。えっと日本かな。

霊剣山にいく王陸

父親のところへ、あの服で子供達。 教主の服。息子のものであることが。
スポンサーサイト

霊剣山 叡智への資格 第11話 問心剣 の感想

。。。あらすじ。智教は大明国の公認。
でも朱秦の報告で知られて、 門心剣で身の潔白を。
・・・パクなんとかがするとぼろぼろかな。

その試練の場。皆が見ているところで
王陸は託す。 なにかあれば。

劉顕は王陸に。。。先にしかける王陸。
劉顕は受け。 王陸を認める。

王陸は憶えたことを。場を利用する。 柱で増幅。

。。。大地が割れて。

劉顕は王陸を認める。修練の結果。潔白。
門心剣はすると。

。。。王陸はガンツの中に?

血の海。
問われる王陸。幻想の中で。

怨念。。。王陸は前向き。  他者の性に
智教の怨霊。 王陸ははっきりと。、。

。。。惹いて、骸骨
出てくるなにか。 あれあれ、智教で命をもやしたもの。
・・・暁星記?


見ている劉顕。王陸のいうこと。へりくつでも言ってのけること。。
ここまでと。 道を説く。規律。
王陸の主張なんてもろいと、。

王陸は他入れて、

倒れたもの。
命を代償にして。。。。いくもの。 工法。
見ているだけの王陸。

土建で尽くして、死ぬもの。
王陸は対して。 やること。。。なぜこうしたかと。智教、戦うわけ。 道。

。。。見ている劉顕。解説。

止められない門心剣。 玲は・・・
止める男。

王陸は手を伸ばして、力を、顴骨。
霊気を集めて法力に。 正しさを叫ぶ。


。。。外では大災害。
命をかけて。 正しさを。

劉顕は術を解く。
ぼろぼろの王陸。玲が助けに。

王陸は劉顕跳梁にはっきり。。。で、倒れる。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

霊剣山 叡智への資格 第10話 召喚 の感想

智教は大明国での認可をとりに、聞宝を。

王陸がすること。
聞宝は交渉を。相手は質問攻め。王陸がしこんだこと。。。痛いところを突いてくる。
聞宝は相手の表情を。 素直に話す聞宝。 受け入れる相手。
光明府とのことが。

相手は好きと言われたことの信憑性


出てくる聞宝。待っていた王陸と岳謦瑶
王陸は相手にの相性で聞宝。 相手は期待。 。。。目があれあれ。

交渉は進む。 で、賛否を。
全員が。

公認を得て、大喜びに。


王陸とあの長老

気にする海雲帆。 接触する夢飛花

聞宝に玲がからむ。 。。。長老からの声が。
聞宝は王陸の目を。

。。。召喚



朝。王陸は声が聞こえて。

長老らは思うところ。
入ってくる王陸。 とぼける王陸 朱秦がいれたちくり。
かま掛ける長老。試練のことを、。誘惑、ドロに染まらないことを。
王陸は魅せる法力。

身の潔白を晴らすために、問心剣
剣で心をとう。 。。。心に恥じ入るところがあれば。
。。。あっはは、どこかの大統領はばたんきゅーと

危険性をいう長老。危険だということを。
岳謦瑶がいうところ。

素直な王陸。条件を、3日後。受け止められると。村に場を設けることを。
受け入れられて

王陸は村の物に依頼。
王陸は考えを。

できる場。
。。。やってくるその日

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

霊剣山 叡智への資格 第9話 再会 の感想

朱秦と王忠は何の逃れて。 瑠璃仙のしたことで。


光明府。。。朱秦のつっつき。

朱秦は手助け。岳謦瑶。

聞宝がきて、ややこしいことに。 岳謦瑶が仲裁。
光明府の書類。いっぱい。 ややこし組織。
。。。処理の遅れ

岳謦瑶の知教ついて。
届いたもの。 知教の手紙。 代表者に聞宝」


聞宝の口調がかわる。なんか変わって。
あれあれ、聞宝の告白?

聞宝はなにかおかしい。 朱秦が注意。。。逆に言い返されて
俗世の修業、聞宝がしていること、
岳謦瑶。  そして、相手を変えて。

なにかの取り合い。身体?
聞宝がいうこと。いろいろ調べていることを。褒めて、目を変えさせる。
提案する聞宝。知教のできること。 認可。
もっともらしいことを。
。。。愛を語る聞宝


王忠は瑠璃と。
朱秦がきて、あったことを。 王陸だと王忠。
推理すること。


朱秦は調べもの。
手紙がくる。


運河。 岳謦瑶と王陸。見てること。。。あてこすり
朱秦にはきつい。
王陸は朱秦に。

王陸はうまくかわす。
王陸は動じない。 岳謦瑶がいうこと。。。。見るまでは偏見はもたないと。
朱秦は動揺。岳謦瑶に。

動揺しまくる朱秦。
岳謦瑶は王陸に言われたこと。 朱秦にみせるための行為。

朱秦は2人に不信感。
街で問題を起こす。。。。愚かさ。

堕落する朱秦。

で、知教を調べに。聞き取り
師に教える。 使っているもの。 乾元燃血功に目をひく。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

hastrl

Author:hastrl
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード