極黒のブリュンヒルデ 第8話 残された手がかり の感想

携帯の地図。。。パスワードの入力。
その場所のこと。 待っているのは魔女の反対勢力。


あの使いが携帯の電波を出したい位置に。


天文台に戻って、寧子らに教える、明日一人で地図の場所へいくこと。
手がかりでできることを。

追いかける寧子。端末のこと。いなくなることはいやと寧子。無理をしないでと。
見ているカズミ。


。。。家で端末の場所を探す。
そこにカズミが遅くに訪れる。・・・夜這いめいている。
いけいけで家に。家人がいないことをいいことと。 
エロ話ばかりするカズミ。 漫才コンビ?
地形。 一度見たことを覚えることができると村上。
すぐに見つけるカズミ。 だいたいの場所だけにする村上。
明日行く決心は変わらない。
いきなり聞く寧子のことを村上に。 迫るカズミ。。。逆夜這いでした。
本能的なカズミ。 おっぱいの責任とれとカズミ。 そそのかす。
正視できない村上。 倒れて、すごいことに。
誘惑するカズミ。 。。。村上、ああと。なにもできず。
カズミのサービス? 。。。なにも言い返さない村上。殴られたくない。

一晩添い寝するとカズミ、どこまでもあきらめない。
どきどきの村上。
誘惑するカズミ? 無茶はせんときと。


地図の場所へ村上。廃墟。 壊れたのは最近と。
なぜか近くの御茶屋に。 尋ねてしまう村上。 そのことを話すおばさん。
聞き取りの村上。
。。。いった後、なんか通報。


戻って手がかりを。
書かれている文字。 ヒントかと村上。
警察に呼び止められて、逮捕される。おかしな事。
むちゃくちゃなこと。

。。。仮面をかぶった黒羽が、車を破壊。
村上をよぶ。 
警官が拳銃で注意。 。。。なんか指名手配あつかいされている。
銃で撃ってくる警察。これはあり得ないこと。。。バカの寧子。
村上が知恵を。 壊す小物。

無線は、カズミが細工。」

。。。で、村上は警察の課長に。でも小鳥が入れ替わり。
残念な警察の課長さん。


事の有様を聞かされる村上。佳奈の予知。
気にしていた寧子たち。力を合わせたことがいいと。
信用することと気づく村上
手がかりは残っていると村上


小五郎、薬の合成はできそうにない。
あの受精卵のことで電話をうける。喜ぶ小五郎。マッドサイエンティスト


九、警察から連絡。警察に見られたこと、ななみに対応させること。


佳奈、カズミに文句。口げんかが、体での調教のいくカズミ。
どっちにでも手を出す。
戻ってくる寧子。 なんとかしようとカズミ。プリン。
それは小鳥のものと


村上、パスワードのこと。血がついていたこと。
それはここでは入れられないこと。


。。。警察に聞き取りに、偉そうなサングラス男
魔女に記憶を消させる。超能力なんてなかったことに。うまいこと、話をして。顔に注目させる。
後確認。 なにもなかった事案に


記憶の中の1170のこと。1170の居場所を突き止めること。
それは、小鳥のこと。 男はいつでもハーネスを遠隔で操作できることを

注目させて、人の記憶を吸収する魔女。
スポンサーサイト

テーマ : 極黒のブリュンヒルデ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

hastrl

Author:hastrl
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード