うどんの国の金色毛鞠 第3話 赤灯台 の感想

宗太はどうするかと。
ポコと一緒に寝ている。たぬきの証拠が。耳としっぽ。
・・・化けきれない。 じじいに化けるたぬきもいないのかな。
   平成ぽんぽこみたいに。化かしてのたぬき。

宗太のところに中島がくる。


真夜中に釣りに行こうと
おきるポコ。 耳?
。。。まずかった

宗太はポコをかばう。説明してごまかし。 勘違い、ロリなんとか。


ポコは車にいたずら
知り合う中島とポコ。   中島は釣りいくぞとごねるだけ

強引に連れ出されて。投げ釣り。

ポコは宗太にべったり、 ?と中島

灯台を説明する宗太。ポコは触ることを。届かないのに。
宗太の足の傷。

赤灯台

中島が気になること。ポコで
どっち。 。。。宗太は見られて・・ばれた?

中島がいうこと。どっちなん。
おんな? 
宗太には。 そっちで。男と。

中島は。。。振り回しておけばよかったと。


ライフジャケット着るぽこ。 ロボぽいと。
魚のえさ。 ポコにはうまい。 
つりのしかたを教える宗太。  見ている中島は

。。。時間がたって飽きるポコ

中島は宗太と話。 木村のこと。
世話話。
結婚。 お見合い。  男の生きがい 
仕事

。。。ポコは、耳としっぱが出ているかが。またまた気づかれない。

これからこと、宗太は家を売ることを。
ここに帰ってくることもなくなるかもと。 帰る場所がなくなること。

中島はこっちに帰ってくること。 うどんや継ぐことを

宗太は、父とのやりとりを。 うどん屋をいやがって、東京にでたいきさつ
中島がいうここと

仕事。。。こっちでできるかどうか。ないかもと。
決まらない。

中島は宗太に食ってかかる。
ケンカに。

釣り竿に。 中島は宗太にたも。
で、つれたのは、 タコ。 うねうねのあれ。 タコオヤジ?

ポコはタコと遭遇して


。。。朝。帰ることに
宗太は中島に前につりをしたことの回想。 朝までつり。
かわらない宗太の行動。
宗太の東京にいく決意。

今まで気づきをいう宗太。ここがしきなことを。
中島には宗太は変わったと

。。。灯台
宗太はポコにいったことに。目印にして帰ってくるためのもの。
・・・生地に帰る方がただしいね。 渡来したものは帰るべきだね。


宗太の家。やってくる大石
寐ている宗太ら。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うどんの国の金色毛鞠「第3話 赤灯台」

うどんの国の金色毛鞠「第3話 赤灯台」に関するアニログです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

hastrl

Author:hastrl
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード