霊剣山 叡智への資格 第1話 帰郷 の感想

二年後、山を下りて、新たな修業。
俗世にまみれた世界に。詐欺をやる連中との対決。 現在で言うとかん人とかな。

王陸は自分の村に戻る。
。。。村の変化。
変わった住民達。 子供は変化なし。 王陸は凜々しくなって。
女性から忠告を受けて

街に入るとよそよそしい。あやしい。
村長のところに。歓迎されないこと。 王陸にはおかしいと。
村長は仙人がいると。 事情を聞くことに。。。。詐欺の言いぐさ。

王陸の父は拒んで。強制を受ける。いうことがあやしい。
村のものはがやがや。
そこに陸が来て。 七星門のもんがいうことは、バカでした。 
王陸は矛盾することを教える。 相手は現実を。 
金での対価。
言い合いになる。陸は論破するが。。。相手は殺しに。
天罰。。。王陸にはつまないもの。
王陸を魔物扱い。 王陸は実力行使に。。。間に入る幼馴染み
。。。説得する幼馴染み。
王陸は暴露する。七星門のこと。・・・嘘をつく幼馴染み。いいようにいう。詐欺師。
王陸は手を。。。。止める父。

陸は家に帰って。歓迎する家族。
手紙が届いてないこと。七星門のものが止めて。なんか共×党みたい。

村のものが弾劾にくる。追い出しに。
仙人様のために。
王陸には村人はたいしたことなく。
七星門のものと戦う。あっけない擬態する連中。偽りの仙人。

見せしめに馬を殺す男。
王陸に攻撃。毒を吸い込む王陸。毒には耐候性がある。
。。。王陸は伝言を。

七星門のものは、相談する。撤退するかどうか


王陸は彗星の後を。
魔物扱いされる王陸。父と話し。。。村の浄化。 。。。かん人の排除?
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

青の祓魔師 京都不浄王篇「第壱話 嚆矢濫觴」

青の祓魔師 京都不浄王篇「第壱話 嚆矢濫觴」に関するアニログです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

hastrl

Author:hastrl
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード