クロックワーク・プラネット #08 電磁式機動兵器八束脛(ヤツカハギ) の感想

ものものしい始まり方。5つの力を手に入れたらが、あの日に変わって。
すべてが曖昧で矛盾な世界。神の戯れ。
私たちの世界は実在のものであるのか。
・・・設定ですから。 とーでんさんもとーしばさんも・・・まけ。


ナオトはアンクルラブ。嫉妬するリューズ。
ナオトはあたふたする。
出てくるなんとかポケット。 義体の首

戻ってくるハルター
義体の再生。
アンクルが攻撃する対処の判断。 ナオトは知っていた。

。。。地下から出てくるヤツカハギ。。やつはしでなく。
電磁技術の集大成の兵器。
秋葉原の表面に出て、電磁パルス。すべての磁性化。
止まる歯車。 ナオトは?
ナオトは語る。秋葉原のすべての歯車が止まった。


。。。秋葉原。そこにはヤツカハギが頓挫。なんかだにだにみたい。コー×アン?
首都から出る飛行機体。あっけなくやられる。早くでも無理。

首相官邸。報告を受けて、対策を。
いない総理。逃げてます。。。さすがはなんとか党?
首都防衛砲の発射。

で、それを撃っても向こうかされる。電磁場リア。
反撃されて、終わり。
喜ぶヤツカハギ。東京の兵器はすべて効かないと。 逃げた敵。。。チャージの充填
指令にはどうてもいいと。

ナオトと会っていた指令。この世界に人類の挑戦を阻む世界に諦めをいだいたことはないかね。
俺たちは絶望なんかしない!


ナオトは目覚めて、諦めのマリーに。
なにもかも壊れたとマリー。典型的な現実屋。


首相官邸。勝利が来る。
状況を。


マリーにナオトは聞く。典型的な答えをいうマリー。
ナオトは感覚で動く。理屈ではない。


首相官邸、ヤツカハギへの対策。 パージをいう防衛大臣。
受け入れられないと大臣ら。
巨大兵器のこと。電磁技術。国際規格の条約違反。。。国家レベルでしか開発できない。
気かつくこと


ナオトはマリーに対策を。脱磁すること。
マリーは諦め。 ナオトはここら出ることを。

リューズを運ぶナオト。移動させる。わけが。。。直すことを
直してから、その後ですること、こんなことをした連中を釜ゆでにすると。
・・・うどん?
マリーはナオトが諦めないことに。
マリーはナオトに従うと。ハルターのことで回想。いつもいたハルター
お兄様。。。パパ。 あっとハルター。

首だけにして、体は破棄する。最先端技術は溶かして。
アンクルは再起動する。元に戻ってナオトは泣いて喜ぶ。 馬鹿な二人。
マリーには?なこと。 ナオトはわかっていたと。
アンクルは加熱シークエンスで対策と。リューズには熱対策が。

。。。マリーはナオトの行動に。直感。
必要なからなんでもすると。普通でないと。

ナオトは、マリーにいこうと。適当にいう。
マリーは上野に行きましょうと。

秋葉原のヤツカハギ。。。鎮座。充填中。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロックワーク・プラネット「第8話 電磁式機動兵器八束脛(ヤツカハギ)」

クロックワーク・プラネット「第8話 電磁式機動兵器八束脛(ヤツカハギ)」に関するアニログです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

hastrl

Author:hastrl
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード